Blog&column
ブログ・コラム

高齢者の体温調節の重要性とは

query_builder 2023/12/01
コラム
35
高齢者にとって、適切な体温調節は重要です。
しかし高齢者は暑さや寒さへの感度が下がっている場合もあり、適切な体温調整ができない事も考えられます。
そこでこの記事では、高齢者の体温調節の重要性と対策について紹介していきます。
高齢者の体温調節の重要性と対策
■体温調節の重要性
高齢者にとって体温調節が重要な理由は、汗腺の機能が低下して体温調節機能が低下するためです。
汗をかきにくくなると、寒さや暑さを感じにくくなります。
すると夏は熱さを感じにくくなり、室内でも熱中症になってしまいます。
また冬は寒さに気づかないので、低体温になってしまいがちです。
高齢者が健康的に過ごすためには、正しい体温調節が欠かせません。
■対策
高齢者が健やかに過ごすために、適切に体温調節する事が大切です。
例えば、寒暖の激しい日は自律神経への負担が大きいので、外出を控えるのが良いでしょう。
また室内にいる時は、エアコンや暖房器具を利用して室温を一定にしてしておくと安心です。
一般的に夏は25~28度で、冬は18~22度程度が快適な環境といわれています。
温度計を設置して室内の温度を管理すれば、健康的に過ごしやすくなるでしょう。
換気する際も、窓を全部開け放つのではなく、一番遠い部屋同士の窓を少し開けるだけでも十分です。
▼まとめ
高齢者は汗腺機能が低下して、体温調節機能が難しくなります。
そのため、万が一に備えて対策を講じる事が大切です。
室内でも熱中症や低体温症になる場合があるので、温度計で温度を管理すると安心です。
千葉市にある当施設では、日々の健康管理を専門のスタッフが行っております。
健康を維持して充実した生活を送りたいという方は、ぜひご相談ください。

NEW

  • 在宅介護の負担を減らすには?

    query_builder 2023/05/24
  • 認知症の症状とは?

    query_builder 2024/07/05
  • 認知症の家族を在宅介護するポイントについて

    query_builder 2024/06/03
  • グループホームへの入居のタイミングとは?

    query_builder 2024/05/01
  • グループホームの体験入居でのチェックポイントとは?

    query_builder 2024/04/15

CATEGORY

ARCHIVE